ダイレクトリプログラミングとは?

体細胞からiPS細胞などの多能性幹細胞を経ずに、直接別の細胞に誘導する技術。

iPS細胞は体細胞に複数の転写因子群を導入することで人工的に作り出された多能性幹細胞であるが、手間とコストがかかるという課題がある。また、作製法によってはゲノム情報が書き換えられるので、癌化しやすいとも懸念されている。ダイレクトリプログラミングはiPS細胞を使わない再生医療技術として期待が高まっている。

関連記事

  1. 間葉系幹細胞の利用価値

  2. PRP(多血小板血漿)治療とは?

  3. 組織幹細胞について

  4. iPS細胞の登場による、爆発的な進展

  5. 幹細胞を使った再生医療の副作用について

  6. 再生医療や幹細胞治療ができることは?