ダイレクトリプログラミングの始まり

1987年、マウスの線維芽細胞にわずか1種類のMyoDという転写因子を導入すると骨格筋細胞に転換されるという現象が報告されました1)。これこそが、転写因子の導入により細胞が別の種類の細胞に変わることを示した、最初のダイレクトリプログラミングといえます。しかしながら、その後はMyoDのように単一の遺伝子で細胞の運命を書き換えられたという報告は少なく、細胞種を転換することは容易ではないと研究者間で考えられていました。

関連記事

  1. 再生医療で頭皮に毛が蘇る仕組みとは!?

  2. ES細胞とは?

  3. iPS細胞の登場による、爆発的な進展

  4. 幹細胞を使った再生医療の副作用について

  5. PRP(多血小板血漿)治療とは?

  6. iPS細胞とは?