iPS細胞の登場による、爆発的な進展

2006年にiPS細胞が報告されたことで、転写因子を複数組み合わせた”転写因子カクテル”による細胞の運命転換研究が一気に加熱しました。2008年には、膵臓の外分泌細胞からインスリン産生細胞2)や、線維芽細胞からマクロファージ様細胞3)を誘導する転写因子カクテルが報告され、2010年には神経細胞4),5)や心筋細胞6)などが線維芽細胞から誘導できるようになりました。

2):Zhou, Q., Brown, J., Kanarek, A., Rajagopal, J. & Melton, D. A. In vivo reprogramming of adult pancreatic exocrine cells to beta-cells. Nature 455, 627-632, doi:10.1038/nature07314 (2008).
3):Feng, R. et al. PUA and C/EBP alpha/beta convert fibroblasts into macrophage-like cells. P Natl Acad Sci USA 105, 6057-6062, doi:10.1073/pnas.0711961105 (2008).
4):Vierbuchen, T. et al. Direct conversion of fibroblasts to functional neurons by defined factors. Nature 463, 1035-U1050, doi:10.1038/nature08797 (2010).
5):Heinrich, C. et al. Directing Astroglia from the Cerebral Cortex into Subtype Specific Functional Neurons. Plos Biology 8, doi:ARTN e1000373 10.1371/journal.pbio.1000373 (2010).
6):Ieda, M. et al. Direct Reprogramming of Fibroblasts into Functional Cardiomyocytes by Defined Factors. Cell 142, 375-386, doi:10.1016/j.cell.2010.07.002 (2010).

関連記事

  1. 間葉系幹細胞の利用価値

  2. APS療法

  3. 【再生医療】美容業界が大注目!!

  4. ダイレクトリプログラミングとは?

  5. 再生医療や幹細胞治療ができることは?

  6. ダイレクトリプログラミングの始まり