PRP療法とはどのような治療法なのか?

PRP療法とは何か?

「PRP治療(PRP療法)」という言葉が、最近テレビや雑誌などで話題になってきています。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

まずPRPとはPlatelet-Rich Plasm(多血小板血漿)のことで血液の血小板の濃度を約3~7倍に濃縮したものを指します。これを使用して傷ついたり、修復したい組織などを治癒する方法です。自分の自己治癒力を用いて改善を目指す治療法となります。

例えば、自分の身体に傷が付いたときに、自然にかさぶたができても治っていきます。
このように自然治癒力を活かした治療方法がPRP治療(PRP療法)です。

自分の傷を治す力を高めて修復能力を促進するために、血液の中の血小板成分だけをたくさん凝縮して集めてそれを体内に戻すといった治療を行います。

PRP療法はどんな人にオススメなのか?

PRP療法は、次のようなかたにオススメの治療になります。

・肘や膝、肩などの関節の痛みで治療中であるが中々痛みが取れない方
・痛みが慢性化してして他に治療法が見つからない方
・スポーツをされている方で怪我をして早く復帰したい方

PRP療法に副作用はないのか?

PRP療法は、厚生労働省の第3種という認可が必要となります。つまり安全性が確立されたクリニックでしか行うことができません。また自分の血液を使うため、アレルギーなどといった副作用のリスクが少ないという特徴があります。

PRP療法は最新医療ですので、不安に思われる方もたくさんいると思いますが、正規のクリニックでは安全性が確立されているので、安心して治療を受けることができます。

PRP療法で痛みはあるのか?

PRP療法を行って2、3日は少し炎症が生じて痛みを伴うことがありますが、その後は痛みが消えていくのでそこまで心配することはありません。

PRP療法は数多くのプロアスリートが行っている

PRP療法は、損傷した部位を素早く修復する機能がありますので、プロアスリートなどもたくさん治療を受けられています。

例えばタイガーウッズや、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手などもこの治療を受けています。
そしてPRP療法を行い、現在はケガから復帰されて試合にも出場しています。

このようにPRP治療(PRP療法)は、沢山のプロアスリート選手にも行われており、とても身近な治療になっています。

関連記事

  1. 幹細胞を使った再生医療の副作用について

  2. 受精卵と細胞運命

  3. 疾患特異的iPS細胞

  4. 再生医療や幹細胞治療ができることは?

  5. 幹細胞とは?

  6. 細胞培養で用いる赤い液体は何?